コンセプトについて


「問題解決における理想状態を設定し、

理想状態に向かって行動を起こせる」

 

第44回 政策・情報 学生交流会の開催目的は、【自分たちで当事者意識を持ち、社会問題の解決を目指す場の提供】です。

私たち学生は社会に多くの問題があることを知りつつも、当事者意識を持っていないが故に、問題を問題として認識できていない状態にあるのではないでしょうか。

私たちスタッフは、本交流会を「様々な社会問題を扱い、当事者意識を持って問題について考えられる場」とします。そして、社会問題に触る中で、「問題解決における理想状態を設定し、理想状態に向かって行動を起こせる」きっかけをを提供します。